HOME
会社案内
事業案内
30分でわかるIVS
お問い合せ


昨年発表しましたHBT2.0では、それを実際に適用する場合にはHBTやSTEMをよく理解して
実施する必要がありました。
規格化(標準化)により簡素化を図るとともに、HBT Appsの導入でよりアプリケーション
指向となりHBTが適用しやすくなりました。
日本のお客様にAshok社長がHBT3.0の概説としてご説明した際の資料
HBT3 簡単なご説明」をご紹介します。

・主な改善点
・HBT2.0とHBT3.0
・HBT Apps
・規格化された例(品質レベル、テストタイプ、潜在的デフェクトタイプ、テス ト設計条件)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆<お願い>
資料を御説明いたします。御希望の方は、お電話(03-6419-9327)または、
メール(info@ivsquare.co.jp)にてご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トップページに戻る

Copyright (C)2005-2013 IV Square Corporation. All rights reserved.