HOME
会社案内
事業案内
30分でわかるIVS
お問い合せ


VIII. ソフトウェア保守のコストが御社のDP予算の半分以上を
占めていませんか?

保守作業の最適化・改善を実現:保守作業の最適化

STAG事例)
  *SOAに基づくアプリケーションを開発するある会社は、多くのテストケース
  (10000以上の)を持っていました。挑戦は、アプリケーションに変更があった
  ときの回帰テストの工数を最適化することでした。経験の深い人々は、回帰
  テストのために最少量の適切なテストケースを特定する事を常に考えます。
  しかし、会社がさらに回帰テストの時間をより短くしたがっていたとき、
  それは挑戦でした。

  *HBTを適用して私たちは、私たちがこの問題を解決するのを可能にするのに
  「相互作用マトリクス」というHBTMコア概念を利用しました。結果は修正変更が
  あったときに、私たちが約400のテストケースに回帰テストを最小にすることが
  できたということでした。


メンテナンス時の品質保証テストの最適化を目指すアプローチ)
1.検証スート
  ・製品が変更された時に、どの様なディフェクトのタイプが再度表面化するかの
   はっきりした認識を持てる。そして、実行するテストシナリオの最適な選択

2.フォールト伝播モデル
  ・メンテナンスのための 変更で刺激された潜在的ディフェクトを科学的にアセス
   する事を可能にする。従って実行する必要があるテストケースの極小集合を
   選べる

3.真にクリーンな製品の部分を特定
  ・製品が成長するのに伴いそのソフトウェアのある部分が「硬くなり:欠陥ナシ」
   となる。絶えずこれらについて再テストするのは追加のビジネス価値をもたら
   さない


主要なビジネス利益)
1.より高い製品品質
   ・潜在ディフェクトカタログ(PDC)による高い欠陥検出能力 (約2倍に向上)
   ・エンドユーザへのディフェクト漏れは3%以下

2.より速い市場への製品参入
   ・製品品質テスト作業の開始を加速
   ・開発時間を少なくとも40%削減、市場への製品の早期リリースを実現

3.低価格検証
   ・テスト設計工数を40%削減、テスト実施工数を50%削減
   ・製品のリリースコストを40%削減



問合せ先:株式会社アイ・ブイ・スクエア 谷崎宛 TEL:03-6419-9327
e-mail:tanizaki@ivsquare.co.jp


「30分でわかるアイ・ブイ・スクエアのサービス」ページに戻る



Copyright (C)2005-2013 IV Square Corporation. All rights reserved.